アクセシビリティ
[an error occurred while processing this directive]

Title

Flash Player 11.1 および AIR 3.1 開発者向けリリースノート/対象製品

ランタイムバージョン
Flash Player 11.1 および AIR 3.1 の新機能
セキュリティ機能の強化
解決された問題
既知の問題
Flash Player 11.1 のオーサリング
AIR 3.1 のオーサリング
必要システム構成
問題の報告

2011 年 11 月 7 日。Adobe® Flash® Player 11.1 および Adobe® AIR® 3.1 をご利用いただきありがとうございます。このリリースでは主要な機能は扱っていませんが、セキュリティ、安定性、パフォーマンスおよびデバイスの互換性に関連する機能強化やバグ修正が含まれています。

ランタイムバージョン

  • Flash Player Desktop:11.1.102.55
  • Flash Player Android:11.1.102.59
  • AIR Desktop および Android:3.1.0.488
  • AIR SDK(AIR for iOS を含む):3.1.0.488

Flash Player 11.1 および AIR 3.1 の新機能

  • Android に対する StageText のサポート。
  • iOS5 のサポート。
  • ネイティブ拡張(ANE)をパッケージ化する場合のネイティブライブラリのリンク選択。

セキュリティ機能の強化

Adobe Flash Player 3.1.0.485 および AIR 3.1.0.485 には、セキュリティ速報(APSB 11-28)に記載されているセキュリティ機能強化が含まれています。

Adobe Flash Player 10.3.183.11 には、セキュリティ速報(APSB11-28)に記載されているセキュリティ機能強化が含まれています。

解決された問題

AIR for iOS

  • 指定された表示オプションを使用した browseForImage が正しく表示されない(3009904)。
  • Nellymoser 8 kHz 以外でサウンドを再生できない(3010346)。
  • プログレッシブ H.264 ビデオ再生中に NetStream.Buffer.Full が報告されない(2969696)。
  • WiFi と プロキシ RTMPT および RTMPS の接続に失敗する(2969731)。
  • File.applicationStorageDirector から H.264 ビデオを読み込めない(2978552)。

Flash Player Desktop

  • IE9 でフルスクリーンモード時に Ctrl+Tab キーのショートカットを使用してタブを切り替えると、ビデオ再生がブラウザーの背面に隠れる(2965715)。

Flash Player on Android

  • サジェスチョンバーが起動するが非表示になった場合、softKeyboardActivate が正しくない stage.softKeyboardRect で送出される(2987223)。
  • Samsung Galaxy S2 でのビデオストリーミングの問題。オーディオは再生できるが、ビデオが再生できない(2985567)。
  • NVidia Tegra 3 チップセットベースのデバイス用に 1080p ビデオを有効にする(2985986)。
  • StageText.AssgnFocus が SoftKeyboard.Activating イベントの切り替えに失敗する(2985696)。

既知の問題

Flash Player および AIR Desktop

  • Matrix3D.interpolateTo で計算時に拡大/縮小が考慮されない(2978536)。
  • Lenovo ThinkPad T410 に Stage3D 用のハードウェアアクセラレーションが含まれていない(2994013)。

Flash Player on Android

  • OS で電話の着信が優先されない - 着信の前後でもオーディオが再生し続ける(2973508)。
  • 複数行 TextField で Enter キーが動作しない(2980528)。
  • ダウングレード時に Flash Player 11 の設定アイコンがアンインストールされない(3001403)。

AIR(iOS 上)

  • ネイティブ拡張からクラスを拡張するアプリケーションに対するパッケージ化が失敗する(2979885)。
  • iPhone の「ミュート」ボタンが使用できない(3003849)。
  • ネイティブ拡張で例外をスローすると、アプリケーションがクラッシュする場合がある(2984306)。

Flash Player 11.1 のオーサリング

新しい Flash Player 11.1 をターゲットとするには、追加のコンパイラー引数(-swf-version= 14)を Flex コンパイラーに渡すことにより、SWF バージョン 14 をターゲットとする必要があります。手順は以下のとおりです。
Adobe Flex SDK を使用している場合は以下の手順に従います。

  • Flash Player 11.1 に対応する新しい playerglobal.swc をダウンロードします。
  • Flex 4.5.1 SDK の表から Flex 4.5 SDK(4.5.1.213287)をダウンロードします。
  • 開発環境にビルドをインストールします。
    • Flash Builder で、新しい ActionScript プロジェクトを作成します(ファイル/新規/ActionScript プロジェクト)。
    • プロジェクトのプロパティパネルを開きます(右クリックして「プロパティ」を選択)。左側のリストから「ActionScript コンパイラー」を選択します。
    • 右上隅の「Flex SDK を設定」オプションを使用して、プロジェクトを Flex ビルド 21328 に関連付けます。「OK」をクリックします。
  • SWF バージョン 14 をターゲットとするようにプロジェクトを設定します。
    • プロジェクトのプロパティパネルを開きます(右クリックして「プロパティ」を選択)。左側のリストから「ActionScript コンパイラー」を選択します。
    • 追加のコンパイラー引数に追加して、-swf-version=14 と入力します。これにより、出力される SWF のターゲットは SWF バージョン 14 となります。Flash Builder ではなくコマンドラインでコンパイルする場合も、同じコンパイラー引数を追加する必要があります。
    • Flash Player 11.1 の新しいビルドをブラウザーにインストールしたことを確認します。

AIR 3.1 のオーサリング

AIR 3.1 名前空間に更新します。AIR 3.1 をターゲットとするには、アプリケーション記述ファイルを 3.1 名前空間に更新する必要があります。AIR 3.1 の新機能がアプリケーションで必要とされない場合は、名前空間を更新する必要はありませんが、今のところ新機能が不要であっても、AIR 3.1 名前空間に移行することをお勧めします。新しい名前空間を使用するには、アプリケーション記述子内の xmlns 属性を次のように変更します。

<application  xmlns="http://ns.adobe.com/air/application/3.1">

必要システム構成

現在の Flash Player の必要システム構成については、http://www.adobe.com/jp/products/flashplayer/systemreqs/ を参照してください。

現在の AIR の必要システム構成については、http://www.adobe.com/jp/products/air/systemreqs/ を参照してください。

Flash Access の必要システム構成(クライアントおよびサーバー)については、http://www.adobe.com/jp/products/flashaccess/systemreqs/ を参照してください。

Flash Player 11.1 の最小必要システム構成は次のとおりです。

 

Windows

Mac OS  

Linux

Android

プロセッサー

2.33 GHz 以上の x86 互換プロセッサー、ネットブッククラスのデバイスの場合は Intel® Atom™ 1.6 GHz 以上のプロセッサー

Intel® Core™ Duo 1.83 GHz 以上のプロセッサー

2.33 GHz 以上の x86 互換プロセッサー、ネットブッククラスのデバイスの場合は Intel Atom™ 1.6 GHz 以上のプロセッサー

ARMv7 プロセッサー(ベクトル FPU 搭載)550 MHz 以上、OpenGL ES2.0、H.264 および AAC ハードウェアデコーダー

オペレーティングシステム 

Microsoft® Windows® XP(32 bit)、Windows Server® 2003(32 bit)、Windows Server 2008(32 bit)、Windows Vista®(32 bit)、Windows 7(32 bit および 64 bit)

Mac OS® X 10.6 および Mac OS X 10.7

Red Hat® Enterprise Linux(RHEL)5.6 以降(32 bit および 64 bit)、openSUSE® 11.3 以降(32 bit および 64 bit)、Ubuntu 10.04 以降(32 bit および 64 bit)

Android 2.2、2.3、3.0、3.1 および 3.2

ブラウザー

Internet Explorer 7.0 以上、Mozilla Firefox 4.0 以上、Google Chrome、Safari 5.0 以上、Opera 11

Safari 5.0 以上、Mozilla Firefox 4.0 以上、Google Chrome、Opera 11

Mozilla Firefox 4.0 以上、Google Chrome

Android Web ブラウザー

メモリー

128 MB の RAM(ネットブッククラスのデバイスの場合は 1 GB の RAM を推奨)、128 MB のグラフィックメモリ

256 MB の RAM、128 MB のグラフィックメモリ

512 MB の RAM、128 MB のグラフィックメモリ

256 MB の RAM

AIR 3.1 の最小必要システム構成は以下のとおりです。

 

Windows

Mac OS  

Android

iOS

プロセッサー/デバイスハードウェア

2.33 GHz 以上の x86 互換プロセッサー、ネットブッククラスのデバイスの場合は Intel Atom™ 1.6 GHz 以上のプロセッサー

Intel® Core™ Duo 1.83 GHz 以上のプロセッサー

ARMv7 プロセッサー(ベクトル FPU 搭載)550 MHz 以上、OpenGL ES2.0、H.264 および AAC ハードウェアデコーダー

iPod touch(第 3 世代)の 32 GB および 64 GB モデル、iPod touch 4、iPhone 3GS、iPhone 4、iPad、iPad 2

オペレーティングシステム 

Microsoft® Windows® XP、Windows Server® 2003、Windows Server® 2008、Service Pack 2 を適用した Windows Vista® Home Premium、Business、Ultimate または Enterprise(64 bit 版を含む)、Windows 7

Mac OS® X 10.6 および 10.7

Android 2.2、2.3、3.0、3.1 および 3.2

iOS 4 以上

RAM

512 MB の RAM (1 GB を推奨)

512 MB の RAM (1 GB を推奨)

256 MB の RAM

 -

 

問題の報告

バグを発見された場合は、Flash Player および Adobe AIR のバグデータベースにバグを送信してください。

Flash Player および AIR では、お客様のグラフィックハードウェアを利用して H.264 ビデオをデコードし、再生する場合があります。また、ビデオの問題の中には、特定のグラフィックハードウェアおよびドライバーでのみ再現するものがあります。ビデオに関する問題を報告する際は、アドビで問題を再現および解決できるように、ご使用のグラフィックハードウェアとドライバー、およびオペレーティングシステムとブラウザー(Flash Player を使用している場合)を必ずお知らせください。この情報は、ビデオの再生問題の報告手順に従って記載してください。注意:大量の電子メールが寄せられるため、個々の要望への返答はいたしかねます。

Adobe Flash Player および AIR をご利用いただきありがとうございます。貴重なご意見、ご要望をお寄せくださり、ありがとうございます。

 


ドキュメントID
(cpsid_92350)

最終更新日
2011-11-09

Adobe Community Help

Tags

アドビサポートのご案内

さらにヘルプが必要ですか?
各種サポートオプションの利用方法をご覧ください。
アドビへのお問い合わせ