アクセシビリティ
アドビ
サインイン プライバシー マイアカウント

Title

レイヤーとはどのようなものですか (Photoshop Elements 10)関連製品


レイヤーを使用すると、画像に複雑な効果を与えることができます。各レイヤーは別々の画像として扱うことができるので、画像の並べ替えや、レイヤーごとの色調補正、特殊効果の適用を自由に行うことができます。

Photoshop Elements では、画像の読み込みまたはスキャンを行った際や、画像の作成当初は、単一レイヤーで構成されています。必要に応じてレイヤーを追加し、元のレイヤーをバックアップとして残して複製したレイヤーを編集することや、調整レイヤーを使用して画像を微調整することができます。

レイヤーとは

レイヤーは、積み重ねることができる透明なフィルムのようなもので、その上には画像をペイントすることができます。レイヤー上の何も描かれていない部分は、通常、透明として扱われ、透明部分からは下のレイヤーが透けて見えます。各レイヤーは個別に処理することができるので、様々な効果を試すことができ、レイヤーを統合や結合(複数のレイヤーを 1 つにまとめること)を行わない限り、それぞれを独立したレイヤーとして扱うことができます。

Photoshop Elements では、最大 8,000 枚のレイヤーを作成することができます。(最大枚数は、使用システムのメモリ容量によって変化します。)

レイヤーの作成と管理

レイヤーの作成と管理は、レイヤーパネルおよび、レイヤーメニューを使用します。レイヤーパネルに表示されるレイヤーの順序は、画像の重なり順序を表します。レイヤーの数が多いと、ファイルサイズが著しく大きくなることがあります。この場合、画像内のレイヤーを結合することで、ファイルサイズを小さくすることができます。

レイヤーの長所

レイヤーの長所は、編集範囲を簡単に選択することができ、また他のレイヤーに影響を与えることなく画像の一部を編集することができるという点です。レイヤーの統合 (すべてのレイヤーを 1 つにまとめること) や結合 (2つ以上のレイヤーを 1 つにまとめること) を行わない限り、それぞれのレイヤーは独立した画像として扱うことができるので、さまざまな合成を自由に試すことができます。

レイヤーの種類

ピクセルベースの画像レイヤーのほかにも、いくつかのレイヤータイプがあります。

レイヤーの種類 解説
塗りつぶしレイヤー カラーグラデーション、べた塗りやパターンで塗りつぶしができます。
調整レイヤー 画像のカラー、明るさ、彩度を微調整することができます。
テキストレイヤー 鮮明なベクトルベースのテキストを作成できます。
シェイプレイヤー 鮮明なベクトルベースのシェイプを作成できます。

※ これら、4 つのレイヤータイプにペイントや特殊効果を適用する場合は、レイヤーをラスタライズし、通常のピクセルベースの画像レイヤーに変換する必要があります。

レイヤー機能を使用して画像を合成する機能について詳しくはこちらをご覧ください。
- 画像の合成はできますか


文書番号
(2882)

最終更新日
2011-10-31

プラットフォーム
Mac OS 10.5
Mac OS 10.6
Mac OS 10.7
Windows Vista
Windows XP
Windows 7

アドビサポートのご案内

さらにヘルプが必要ですか?
各種サポートオプションの利用方法をご覧ください。
アドビへのお問い合わせ

関連文書